ブーログ › 侘蔵BLOG | みよし市・豊田市で木の家づくり
土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年06月27日 15:28  カテゴリ:日々の中で・・ゆるスタひとり言

なんか見た時ある(^^)


なんか見た時ある。
名前もわからないが。
でも、なんか見た時あるのだ(^^)

今では、いろんなのが、あるのね(^_^;)
~ゆるスタ独りごと~  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月21日 19:24  カテゴリ:これだけは 知っておいて~設計~

トントントントン

建売の場合、間取りや外観で判断する事が多いかと。
注文住宅の場合、自分達の要望をいかに取り入れるかに挑戦できる。
屋根、壁があるのは当たり前。でも、そこにこだわり、気にかける割合は、間取りに比べてどうでしょう?庇の長さで、太陽の光の加減が変わり、四季によって変わり、雨風のあたりが変わり…いくつも気にする所があるにもかかわらず、話を聞かないまま、住んでからわかる。それから、屋根、壁工事となったら、大掛かりなリフォームです。
知らない事が多い家造り。知る事で、営業さんへ質問し、納得して施工する。
庇のない家、短い家、場所によっては、そこは必要でしょ、と思う所もデザインが勝ってしまう時代。

その時の金額に負けてしまい、雨風の影響で外壁をわざわざ痛め、補修工事にあの時の金額は、なんだったんだろうと、後悔に。
何を気にして、何を知ればいいのか…。
こんなこと、気にしてみて下さい…を侘蔵は、お話させていただきます。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月15日 11:32  カテゴリ:IR様邸

家と植物のコラボ( ^^)


木の家、桜、紫陽花、椿、竹のコラボ
庭を作ってガーデニングをしなくても、自然に四季を味わい、愛でる。
その自然を守るためには、地域の皆さんに教えて頂きながら、大きなガーデニングのお手伝いは必要。

上棟式では、いろんな気持ちを味わったお客様の心は、とてもピュアです。
そんな澄んだ空気の中に、ヒノキの香りもお邪魔します


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月10日 22:56  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

祝 上棟!餅投げ


上棟式  無事とりおこなわれました。
天気にもめぐまれ、多くの方にお越し頂き、餅投げも盛大でした。
お施主様の粋な計らいもあり、ひろったお菓子に当たりがついてると、交換所で引換

ご近所の方の温かい気づかいなど、地域の皆様に支えられ出来たとも感謝しています。

お施主様、本日はおめでとうございます!
地域の皆様、餅投げに来て下さった方 ありがとうございます!

侘蔵をよろしくお願いします!
え?宣伝  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月09日 21:35  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

いよいよ餅投げ!

いよいよ、明日 上棟式です。
さすが、晴れ女(自称??)。奥様は、10日は、晴れるよと。見事、当たり~!!さすが、晴れ女の奥様のお家です。

地盤改良から、基礎、土台をへて、いよいよ棟上げです。

地域地域で、上棟時に、餅投げは、やるやらないがわかれます。社長は、やるのが当たり前の地域だった為、お客様にお話はさせていただいています。
取り入れる、入れないはお客様次第です。
そして、1度はやらないときめられたものの
『やっぱり餅投げやりたいです!』と。
明日は、一気に棟上げまで。
お客様と棟梁で、造り上げます。
餅ひろい、行きたいな!というかたは、ゆるスタまで  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月04日 22:07  カテゴリ:IR様邸

いよいよ形に,


笑ったり、泣いたり、迷ったり、
いよいよ、現実になります。

ほっぺ、つねってみようか?
大きな夢を 形に

来週には、上棟式があります。
なんと(^^)餅投げが(^o^)(^o^)(^o^)  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(1)

2017年05月28日 17:24  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくり

どこで建ててもいい家に・・・。


侘蔵の認知度は 低い・・・(汗)
なぜなら、TVCMもやっていなければ、毎週新聞折り込みチラシにいれていない・・・。
ブランド志向の高い方には 目にもふれないであろう。
でも、侘蔵も ひそかに知っている方達だけでは ブランド化しつつある
「あの、侘蔵さん?!」
 (逆に こちらが なんで知っているの?とびっくりする)

ハウスメーカーではない、工務店ともいえない、設計事務所でもない、なんていっていいんだろう。
知れて良かった・・・出会えてなかったら・・・と お客様にも言われる様に。
無駄なお金をかけなくても、ブランド会社でなくても、住む人が 思う家をよりそって造っているからだと思う。
それは 会社だの 担当者だの 商品だの・・・では 無く。
侘蔵で建てなくても 長年住む家に 愛着を持っていただくために。日本の家に誇りを持っていて欲しい。
そこに住む人が 自信をもって(喜び悩み喧嘩も含む) 自分たちの家造りをしているからでは ないでしょうか。

ここは 譲れなかった、
ここは かなり迷った
ここは すんなり決まった
ここは 金額で あきらめた etc・・・。

構造も、気持ちも 重みのある家かどうかが すぐわかるしあわせ

いい家造りに 答えはないのかもしれません。
いろんな人が いろんな本を出し 講座を開き 説明している。。
あちらでは こう書いてある、あちらでは こう言った、
その部分の どこを信じるか・・・ご自身で気づいていますか?

会ってみましょう
しあわせ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年05月17日 16:51  カテゴリ:キッチンの注意点カテゴリ:⑤失敗しない家づくり

対面キッチン 成功?後悔?

対面キッチンにして 「良かった~」「失敗したわ~」「良くも悪くもないわ~」「その時は良かったんだけど・・・」
その時は 必死で選んだものも 時の流れで より便利にも より不便にも 感じてしまうときがあります。
その理由に 
 :・子供達の様子が見えて安心 ・TVが見ながら料理できる
 :・部屋に臭いが充満する ・使いこなせない ・そこまで高い物にしなくても良かった 
 両方:子供達が 小さい時は良かったけど 子供達が出て行って 夫婦2人になってからはね~
良も悪も両方も 対面キッチンでも ユニット壁を作る L字混合対面にする など いろいろな方法があります 
フルオープン対面キッチン
↓【手元も見え 水場とのフラット型】
お部屋も広々見え、リビングダイニングの様子も見え安心


カウンター式対面キッチン
↓【手元が見えない 水場との間に壁(カウンター)を】


見える事だけに安心して 対面キッチンにしても 案外後悔する場合も。
キッチンの通路の幅は、狭過ぎず広過ぎずが使いやすさの秘訣です。キッチンに立つ 人数にもよりますが、通路幅は80cm前後~1m20cmとると わりと良いかと。今 お使いのキッチン通路幅を図ってみてください。それは 使いやすいか 使いにくいか。
料理を運ぶ 道なり 歩数なども 考えると 意外に思っていたより・・・という落とし穴もあります。
あこがれの対面キッチンにしたものの どんだけご飯持って歩かねば ダイニングテーブルに着かないの!しかも往復の歩数考えたら・・・なんて思う事も・・・。
(↑忙しい方は その1歩も惜しい時も(笑))(時間のある方は そんな事 何とも感じないわと思う方も)

子供が小さい時は とっても良かった対面キッチンも、巣立ってしまい 夫婦二人の食事に 対面キッチンまでは・・。料理を運ぶのも・・・と時の流れで変化も訪れます。それでもお孫さんが遊びにくれば 大活躍の対面キッチンです。
でも 常は。というときに 
↓こんな対面カウンターにしておくのも一つですね。 そして 旦那様が作る。きっと皆さん、これも理想ですね。誉めて作ってもらうにも声の届く距離です。


30年保証、100年保証の家がもったとしても 水回りは年数によっては 取替えや 一部メンテナンスが必要になる事もあります。
現代の物であれば なおさら。
昔は 土間に炊事場があり、故障したからリフォームを なんて オシャレな言葉は 出回っていませんでした。
現代の部品を使ったものでこそ 経年劣化はあると思っています。だから リフォームという言葉が 踊り出回っているかと。
だから 良い悪いでなく 保証という言葉に 踊らされず リフォームをするしないも 今の生活スタイル 今後の生活スタイル
の 使う方の 使い勝手を よりよく考えて選ぶことを お勧めします。

こうしたい、ああしたい ここが使いやすい 使いにくい・・・そんなご相談いただければ どんなものにたどり着けるのか どういった種類がよいのか をご提案させて頂きます。  
ハウジングコンシェルジュ 侘蔵~わびくら~
上矢印  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年05月15日 13:17  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくり

快適に過ごせていますか?


4月から 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、社会人 生活スタイルが変わり 1歩大人になった気分から1ヶ月過ぎ、
頑張り所のGWを経て 5月も半ばです。

お子さんの成長に合わせて 4月から 新しい家に住みだしている方もいるかと。
日常にバタバタで、新築気分を味わってますか?
棚を多くつけたものの 片づけの収集がつかなかったり、リビングを通らないといけないトイレに不便を感じていたり、
やけに2階の足音が気になったり、フローリングだけにしたものの 畳に寝転がりたいなあと思ってみたり・・・。
 


住んでからわかって後悔するのは、そうなるかもしれない、または営業担当が そこまで言わなかった、などなど 様々な要因があります。
選んで 納得してください。
ご自身の経験、友達の家が・・・だけでは はかりきれない 引出が ハウジングコンシェルジュ侘蔵には あります。。。
「その方法は 聞かなかった」
「そんな使いかたも出来るんですね」
「そんな仕組みがあるんですね」
「そんなに 知らなかった 聞いといてよかった」・・・・

家は 安い買い物ではありません。 
高ければ良い、安ければ良い、では 計り知れないものが あります。
近い将来に予定でなくても いいんです。家に興味があるだけでも。

ハウジングコンシェルジュ 侘蔵 って どんなところなんだろう・・・。
行って見ましょー!!  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年05月12日 14:39  カテゴリ:日々の中で・・ゆるスタひとり言

自然の音

施工中の現場に行き、自然の音を少し聞き入ってしまった
風の音に、葉の音、鳥の声、竹の音、蛙の声
自然の音が聞こえるこの場所に、住まい手思いの家づくりにご協力できる事を感謝し

花々も、気持ちよさそう。家から、お散歩もできる気持ちよい小道も。
棟梁が入り、ヒノキ香り、
トンカン♪トンカン♪の音が聞こえる頃には、↓紫陽花も咲き出すかな
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)