ブーログ › 侘蔵BLOG | みよし市・豊田市で木の家づくり
土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年01月18日 21:51  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

深呼吸していただけるといいな。


何かと、忙しい現代社会。
親子で、ゆっくり話す機会も減ってきてしまう今日。

親、子、孫、…家族が増えていき、家族が変わっていき、時代が流れ…。

住まいで、改めて、親子でゆっくり語り合える幸せ。
離れていると、なかなかないかな。と思い。
「カシャッ」

自然素材に囲まれて、リラックスしていただけるとよいな。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月17日 15:21  カテゴリ:日々の中で・・ゆるスタひとり言

小さな幸せ(^^;)


おっ!

むむむ(^^)ダブルって(^^;)
ダブルグレープ味って(^^;)

鬼のいない、あっ、間違い社長不在に、こういう ツボが好き(^o^)  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月11日 22:50  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

トンネルのような(^^)

塗り壁、檜の無垢床板(節無し)、腰壁(節あり)の行く先に、
何やらトンネルのような
ズンズン♪歩こぅ~♪
おっと、社長、おどきください!!


見えましたね

正体は、ドアでした
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月10日 21:47  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

秘密基地?!


どの場所か、わかりますかな?

秘密基地?
いいえ奥様お気に入りの収納です

かくれんぼには、もってこいの場所だ(^o^)と考えてしまったゆるスタは、まだまだ未熟だ

奥様お気に入りの箇所は、まだまだ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月02日 14:45  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

木をふんだんに。

畳と障子は、落ち着くね。やっぱり、障子っていいなあと、再認識というか、感じたよとI様。
そして、その障子をしめた写真を撮れていなかったゆるスタ

木をふんだんに使った内装。棟梁の腕がなり(き?)ます(汗)

ご夫婦ともに、お互いがそれぞれ思う雰囲気があり、全く同じ様にはいかない部分も出てくるのが、家造りです。傲慢もいけない、我慢もいけない、葛藤がある場合もあります。
でも、I様ご夫婦は、奥ゆかしさをお持ちであるからこそ、出来上がってきたお宅だと感じています。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月01日 23:29  カテゴリ:日記

本年もよろしくお願いいたします

昨年は、いろんなご縁があり、侘蔵一同、感謝の一年でありました。
本年も、いろんなご縁に幸せを感じる一年にできるよう、昇進してまいります。
よろしくお願い致します。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月30日 23:17  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

可愛いお顔に?


窓とコンセントが、それとなく可愛いお顔に見えるような?

木の暖かさを 肌、目でも感じます。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月27日 19:46  カテゴリ:日々の中で・・ゆるスタひとり言カテゴリ:自然素材って何がどうなの?

ヒノキの素晴らしさ

先日 戸が閉まらないから どうしても直してほしいと。
そのお客様は、いろいろなご事情があったため 緊急出動で 社長が 合間をぬぐってお伺いしました。車
築20年超の立派な日本家屋です。
社長が突然 建具屋に変身していました(汗)
まさに お客様も 「それって 建具屋さんの仕事だよね~すみませんね~」と。
いえいえ 必要として下さり ありがとうございますですしあわせ

その際 削った戸の残りなのですが、檜の香が漂っていました
(平面に置いたもの)

(上2本を 厚みがわかるように 立ててみました)

築数十年たっていても 削ったり ペーパーでこすると ヒノキそのものの香がよみがえってきます。
神社、城などに使ってある檜。素晴らしい木です。 



  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月26日 21:20  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

心のこめて、丁寧に。

見えない所、見える所、繊細で、丁寧な仕事の棟梁です。その棟梁が、ぼそっと、冷えるなぁと。

既存の家の廊下(一部リフォーム)になります。
大切に使われているので、とても綺麗なのですが、築年数は少したっています。やはり、現代のような、省エネ、断熱のような工法がまだの時のものなので、基礎は、布基礎。パネル、断熱材などは入っていないため、地面温度がそのままくる感じになってしまいます。
それが通常な時代の建物は、そこでの暮らしに慣れますし、体感も自然と調節するようになります。

温度差なく、省エネ、断熱、で過ごせるのは、有難い幸せですし、体にも優しいです。
しかし、昔の造りの家で暮らせていた事を思うと、それはそれで、四季風土をも、自然と体作りになっていたと思うと、日本家屋の奥深さを考えさせられます。時代の変化、環境の変化、日本の気候の変化、甘んじるも重んじるも、過度にしすぎる事は、体の為にならないのかもしれませんね。
でも…最近 寒いですね
皆様、体調にお気をつけ下さい  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月18日 23:11  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

木の香り

癒やされる木のぬくもり三角形?!
省エネ時代。高気密、高断熱、大切です。ただ、自然の力を、光を、風を、生かす事(間取り、設計など、)も取り入れたいですよね。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)