土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2015年03月17日 10:34  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

上棟の意味、大切さ。

上棟の意味、大切さ。御幣
上棟の事を載せていましたが きちんと上棟についてのお話がまだでした。

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って 棟上(むねあげ)まで工事が終了することを感謝し、無事建物が完成することを祈願する儀式です
 木造軸組みでは棟木を棟にあげる時に、
 鉄骨造では 鉄骨工事が完了した時に、
 鉄筋コンクリート造では躯体コンクリートの打ち込みが終了した頃に
行います。

魔よけの為の御幣を鬼門に向けてたて、四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。

御幣とは、神社などで神様をお招きする為に細長い木や竹(幣串)に紙を切ったものを挟んだ紙祭用具。
御幣は、「神に捧げる物」を意味して 社殿の奥深くに立てます。
御幣には、神霊が依りつく、災いを取り払う意味をも表します。

上棟の儀式、お祓いが終わった後は、棟梁が屋根裏に収めて屋根裏から家族の安全を見守ってくれると言い伝えが有ります。
因みに御幣の神木は『桧』で造るのが当たり前だそうです。

上棟日が記されていて何れ解体する時にまた新しい御幣に引き継ぐという意味もあります。
木造の家つくりって奥が深いですね。


とまあ、ちょっと難しいので緩いスタッフ的にいいますと、
建築主、棟梁ともに建物に災いが起こらないように~とお願いする儀式ですね。
現代では、おまり上棟式に趣を持たず、意味があまりわかっていない営業担当も多いようですが、略式で行うにしても大切にしていきたいものですよね。









★Housing Concierge 侘 蔵~わびくら~★

〒470-0224 愛知県みよし市三好町湯ノ前11-1
TEL: 0561-42-7803
↑↓お問い合わせお待ちしています。



イベント情報

己書 鯒来絵道場 

> 2020年〇月予定13:00~14:30 会場:侘蔵

2020年月〇月予定 13:00~14:30 会場:侘蔵 みよし
「」

大好評にて 

同じカテゴリー(②ハウジングコンシェルジュ)の記事画像
セカンド・オピニオン
セカンドオピニオン プレ期間
手洗いうがい まめにね 2
ご家族が増え賑やかに。
2020年 よろしくお願いいたします。
リフォームして、新たな生活に。
同じカテゴリー(②ハウジングコンシェルジュ)の記事
 セカンド・オピニオン (2020-10-11 09:51)
 セカンドオピニオン プレ期間 (2020-09-15 16:36)
 手洗いうがい まめにね 2 (2020-06-03 16:08)
 ご家族が増え賑やかに。 (2020-03-09 15:37)
 2020年 よろしくお願いいたします。 (2020-01-02 14:47)
 リフォームして、新たな生活に。 (2019-11-09 13:46)

Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。