土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年12月22日 18:56  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

デザインは 各々

何畳?広さが・・。家を造る際 広さにこだわり そこまでいる そこまでいらない・・等々。
色、照明、勾配によっての 視覚での広さが変わるってご存知ですか?
数字だけの広さをよりよく感じるためにも必要な技でもあります。

無難に白?飽きないように・・。汚れが目立たないように・・・。
それはそれで 考え、イメージがある。
ですが、
好きな色に囲まれる生活。も良いかと。


いますか~?
おやっ、。まっ赤も

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年11月28日 22:48  カテゴリ:キッチンの注意点カテゴリ:施工事例

よろしくキッチン、ありがとう台所。

普段当たり前に使っていた扉も。
変わるだけで、見た目も、触れる感触も、光加減も、
いろいろが変わる。
何より気持ちの変化が大きいのではないでしょうか。

その気持ちは、綺麗、新しいだけでなく、
前の扉に対しても、より思う事が…。
リフォームする際は、そんな思いも感じて欲しいなと侘蔵は強く思います。
リフォームのお話し、施工中には、よく、昔はこうだった(使いやすい、使いにくいも含めて)、息子が落書きしてね、など、振り返り、過去未来を何気に感じている瞬間だなと頼もしくなります。
新しく、綺麗になることを望んでリフォームするわけですから、そのご要望には、できる限り応じる様にします。

棚を…、デザインを…、明るく…、でも予算が…。
まず、思いをお伝え下さい。
梁を見せましょう…、プラスご提案。

でも、決して忘れてはいけない。

「今まで、ありがとう」「お疲れ様」
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年11月11日 16:46  カテゴリ:キッチンの注意点カテゴリ:施工事例

キッチンリフォーム



【リフォーム前】
リフォーム前でも とても丁寧に綺麗に使われていらっしゃいました。なんとなく 懐かしい感じも・・・時代も感じるも・・・残しておきたいような・・。そんな雰囲気もある中 リフォームをご検討され施工しました。使えるものを使う。とても大切なことですし、長く使えるなら・・・。ただ、水回りというものは どうしても 劣化というものも 取りぬぐえない場合もあり・・・。

【リフォーム後】


明るく木を取り入れる事で やわらかい感じになりました。
これから 寒い冬に 見た目にも 暖かく感じます。
慣れ親しんだキッチンにさよならするのは、淋しいものですが、変えてみると それはそれで 納得して選んだものなので 愛着もでて、これからも大切に使っていこうと 新たなるキッチンで これからのストーリーを。

リフォームも お手伝いしています(*^_^*)
安くだけする、綺麗になる、 新しくなる、そこだけで リフォームすれば良い!という会社とは違います。
新築と同じように 家 生活ですから。
皆の思いを大事に。


リフォーム お問い合わせ 0561-42-7803にこにこまで 





  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年10月27日 20:21  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

何が残るかはご家族の思い。

侘蔵は 自然素材を使う住宅を推奨しています。
その一つとして 当社は 木造(檜)を使い、塗り壁(シラス火山灰)を使う事を提案させて頂くことがあります。
シラス壁では ないものの、漆喰を材料とするもので
「壁の一部を 家族で塗ってみますか?」
それは お客様の想い出とともに コストカット??(これに関しては お客様の価値による)にもつながります。 

大変とは わかっていたけど、 準備物、養生一つとっても すぐ塗りにとりかかれるわけではない事に
「ワハハハッ笑顔汗頑張ります(汗)笑顔汗」とご主人様。


下の子は まさか 自分の住む家の壁をぬっているという意識はないままに 楽しい~お手伝い~(*^_^*)楽しい~塗り塗り~(*^_^*)ってな所でしょう。
わかるように なった時、そして この家に住み続けている日々の中、
 お父さんお母さんから 
「この壁は 家族皆で塗った壁だよ!」なんて 聞いた時の 反応は どんなものでしょう\(◎o◎)/!
とっても楽しみですね。   


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年09月29日 22:43  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

ザッザッザッ♪

呼吸する壁。
調放湿機能が優れている塗り壁。
塗り手の呼吸、腕裁き、手際の良さで、仕上がりに影響が。

回りが静かな現場は、風の音、虫の音とともに、ひっそりとした空気の中、
「ザッ、ザッ、ザッ」
水と火山灰の素材の音。手際の良さの音。

住む人がきっと感じるだろう…。
 
楽しみですね(^^)  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月10日 22:56  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

祝 上棟!餅投げ


上棟式  無事とりおこなわれました。
天気にもめぐまれ、多くの方にお越し頂き、餅投げも盛大でした。
お施主様の粋な計らいもあり、ひろったお菓子に当たりがついてると、交換所で引換

ご近所の方の温かい気づかいなど、地域の皆様に支えられ出来たとも感謝しています。

お施主様、本日はおめでとうございます!
地域の皆様、餅投げに来て下さった方 ありがとうございます!

侘蔵をよろしくお願いします!
え?宣伝  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年06月09日 21:35  カテゴリ:施工事例カテゴリ:IR様邸

いよいよ餅投げ!

いよいよ、明日 上棟式です。
さすが、晴れ女(自称??)。奥様は、10日は、晴れるよと。見事、当たり~!!さすが、晴れ女の奥様のお家です。

地盤改良から、基礎、土台をへて、いよいよ棟上げです。

地域地域で、上棟時に、餅投げは、やるやらないがわかれます。社長は、やるのが当たり前の地域だった為、お客様にお話はさせていただいています。
取り入れる、入れないはお客様次第です。
そして、1度はやらないときめられたものの
『やっぱり餅投げやりたいです!』と。
明日は、一気に棟上げまで。
お客様と棟梁で、造り上げます。
餅ひろい、行きたいな!というかたは、ゆるスタまで  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年04月07日 22:16  カテゴリ:施工事例カテゴリ:T様邸

家のスタイルはそれぞれです。


お部屋を楽しむ、こんな方法も。お見事です
洋食器の数々に、負けじと劣らず和食器の存在感
こんな優雅な部屋に出来たらなあ~という声も聞こえてきそうな
現実、真っ先に、割れそう、子供が触りそう、埃が…などとお考えになったかたも多いかと。
それぞれの家庭、暮らし方があります。
家族構成も違えば、生活スタイルの価値観もそれぞれです。
人と比べる事にばかり、趣が行きがちな方は、ご自身の家づくりを見失わないで下さい。
いろいろ見過ぎて迷うから、見なきゃよかったという方もいます。見て迷い、ご自身のスタイルを見つける為には必要です。

見比べる、いろいろ見る、なんの為かを見失わない様に。
でないと、ため息ばかりの、家づくりになってしまいますよ。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年04月01日 16:53  カテゴリ:施工事例カテゴリ:T様邸

家を楽しむ、春の装い


檜のぬくもりは、和洋どちらにも合います
自然と調和しながらも、玄関の彩りを楽しんでいるT様。決して喫茶店ではありません。が、ご家族、お友達がたくさん来られ、時間を忘れてしまうほど、お茶とお話しに花が咲きます。
T様「この前、お友達が昼頃きて、居心地が良いわと18時頃までいたのよ」と、教えてくれました。

でも、そこには、T様の家への思いと、人を招き入れるという、おもてなしの心。お掃除をして、気持ちよく過ごしてもらおうと、常に相手の事を考えておられます。
何より、T様が、空間が好きで楽しんでいるからこそ、自然と伝わるのではないでしょうか。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年03月29日 16:31  カテゴリ:施工事例カテゴリ:一宮支店

楽しく料理が出来るかな。

いろんなタイプのキッチンがあります。
対面キッチン、Iランドキッチン、壁付けキッチン…。
どのタイプで、どんな色で、どういう雰囲気でかは、ご自身が決めます。なかなか想像つかない中で、夢と現実を織り交ぜながら、決定していきます。

新しく、きれいになったキッチンで、気持ちよく料理を!
でも、新しいから 美味しい料理が出てくるかと言えば、現実、必ずやそうではありません(‥;)日常の生活の中で、ご家族それぞれの思いがあり、体調もあります。
その中で、食は、体作りの源です。キッチンを最高級設備にしなくても、使い方、思い、掃除によって、ご自身で使っていくうちに、オリジナル最高級設備に変身です!
主に、女性が台所に立つ機会が多いかと。ご家族の食、体を思い、気持ちよく、キッチンに。
キッチンの高さ、引き出し、コンロの位置、移動線、何歩で動く…等々。

↑キッチンに続くリビングを塗り壁(消臭、調湿)、クロス
キッチンだけでなく、それを取り巻く、料理の際の煙、水、油はね、匂いなど、風の動き、窓の位置、他部屋への影響も、合わせて考える、そんな提案もさせていただきます。
一緒に考えましょう(^o^)  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)