土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年02月20日 23:09  カテゴリ:施工事例

春の装いに変身!

華やかな中にも、ほんわかしているようで、ぐっと迫力がある感じで・・・、色っぽさもかんじる、なんとも THE 春の装いに変身しました。

1年通して 四季折々の演出を楽しまれております。家の…廊下の…玄関の…。顔となる、お客様の目に触れる空間を。。家の表情を。。アレンジしていらっしゃいます。 
「春!」「春が 一番のお気に入りなの桜」とI様。
何より 空間を楽しんで頂いていることに
家を楽しむ、空間を楽しむ、生活を楽しむ
そんな、喜びが家を大切にする事に繋がり、長持ちさせる何よりの愛情だと思います。
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年02月07日 19:59  カテゴリ:施工事例

和な感じが、ほっこり。

障子にやわらかい光と風が。和のおしゃれ。


気密性の高い家が、いい!とだけではない事を象徴するかのように。
光と風が入り、閉めきられていない部屋に。
ただ光が入るだけでなく、やわらかい日差しが。
和紙の障子が、吸放湿し、湿度調整を。
和紙は、植物、木の皮などから 作られます。
自然の醍醐味です。
昔、というか以前は、木の家に障子、畳など、自然素材を使っているのが、通常だった事も、今では自然素材を売る事になってきた時代…。
日本の風土、気候にあわせて自然の力を取り入れる原点を忘れない様にしなければ、と侘蔵は強く思います

何を元に、家造りをするかが大事です。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月18日 21:51  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

深呼吸していただけるといいな。


何かと、忙しい現代社会。
親子で、ゆっくり話す機会も減ってきてしまう今日。

親、子、孫、…家族が増えていき、家族が変わっていき、時代が流れ…。

住まいで、改めて、親子でゆっくり語り合える幸せ。
離れていると、なかなかないかな。と思い。
「カシャッ」

自然素材に囲まれて、リラックスしていただけるとよいな。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月11日 22:50  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

トンネルのような(^^)

塗り壁、檜の無垢床板(節無し)、腰壁(節あり)の行く先に、
何やらトンネルのような
ズンズン♪歩こぅ~♪
おっと、社長、おどきください!!


見えましたね

正体は、ドアでした
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月10日 21:47  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

秘密基地?!


どの場所か、わかりますかな?

秘密基地?
いいえ奥様お気に入りの収納です

かくれんぼには、もってこいの場所だ(^o^)と考えてしまったゆるスタは、まだまだ未熟だ

奥様お気に入りの箇所は、まだまだ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月02日 14:45  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

木をふんだんに。

畳と障子は、落ち着くね。やっぱり、障子っていいなあと、再認識というか、感じたよとI様。
そして、その障子をしめた写真を撮れていなかったゆるスタ

木をふんだんに使った内装。棟梁の腕がなり(き?)ます(汗)

ご夫婦ともに、お互いがそれぞれ思う雰囲気があり、全く同じ様にはいかない部分も出てくるのが、家造りです。傲慢もいけない、我慢もいけない、葛藤がある場合もあります。
でも、I様ご夫婦は、奥ゆかしさをお持ちであるからこそ、出来上がってきたお宅だと感じています。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月30日 23:17  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

可愛いお顔に?


窓とコンセントが、それとなく可愛いお顔に見えるような?

木の暖かさを 肌、目でも感じます。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月26日 21:20  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

心のこめて、丁寧に。

見えない所、見える所、繊細で、丁寧な仕事の棟梁です。その棟梁が、ぼそっと、冷えるなぁと。

既存の家の廊下(一部リフォーム)になります。
大切に使われているので、とても綺麗なのですが、築年数は少したっています。やはり、現代のような、省エネ、断熱のような工法がまだの時のものなので、基礎は、布基礎。パネル、断熱材などは入っていないため、地面温度がそのままくる感じになってしまいます。
それが通常な時代の建物は、そこでの暮らしに慣れますし、体感も自然と調節するようになります。

温度差なく、省エネ、断熱、で過ごせるのは、有難い幸せですし、体にも優しいです。
しかし、昔の造りの家で暮らせていた事を思うと、それはそれで、四季風土をも、自然と体作りになっていたと思うと、日本家屋の奥深さを考えさせられます。時代の変化、環境の変化、日本の気候の変化、甘んじるも重んじるも、過度にしすぎる事は、体の為にならないのかもしれませんね。
でも…最近 寒いですね
皆様、体調にお気をつけ下さい  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月18日 23:11  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

木の香り

癒やされる木のぬくもり三角形?!
省エネ時代。高気密、高断熱、大切です。ただ、自然の力を、光を、風を、生かす事(間取り、設計など、)も取り入れたいですよね。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年12月16日 21:01  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸7月~

澄んだ青空に、そびえ立つ

完成めがけて、まっしぐら。
まだ内部ができあがってはいませんが、少しずつ完成に近づいてます。
いろいろな思いのこもった、素敵な、お家です
   


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)