土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年02月20日 23:09  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

春の装いに変身!

華やかな中にも、ほんわかしているようで、ぐっと迫力がある感じで・・・、色っぽさもかんじる、なんとも THE 春の装いに変身しました。

1年通して 四季折々の演出を楽しまれております。家の…廊下の…玄関の…。顔となる、お客様の目に触れる空間を。。家の表情を。。アレンジしていらっしゃいます。 
「春!」「春が 一番のお気に入りなの桜」とI様。
何より 空間を楽しんで頂いていることに
家を楽しむ、空間を楽しむ、生活を楽しむ
そんな、喜びが家を大切にする事に繋がり、長持ちさせる何よりの愛情だと思います。
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月25日 13:28  カテゴリ:I様邸

四季折々

昨年末にI様のお宅にお伺いした際に見せていただきました
リフォームしている時から、飾り棚をどうアレンジしていこうと、いろいろ楽しみにされていました。

検討中で、まだ建築中だった頃

さてさて。
年明けは、バージョンが変わっているよと、教えて下さいました

これから、何に変わっているかな???
楽しみです。
そして何より、愛情込めて住んで頂いている事に感謝です。




  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年02月16日 18:14  カテゴリ:自然素材って何がどうなの?カテゴリ:I様邸

優しい光は、目にも優しい

床が自然素材か そうでないかで 違うことに 目にも優しいという事も挙げられます。
光が入る、南側にこだわったり、窓枠しか 説明しない営業さんもいます。
この記事を読んだ営業さんは 付け加えて言ってくるかもしれません。
そしたら 聞いてみてください。それって ご自分の知識?侘蔵ブーログ?とにっこり


窓からの光が、床を照り付け 反射して目に入ってくる時の差が、フローリングと自然素材の床と違う事をご存知ですか?
もしくは、説明してくれましたか?
価格だけで 床の素材を決めつけられて 案内されていませんか?
仕様が この床ですからと 一方的に進められていませんか?
いろいろ教えてもらってから 選んで納得してから 決めてください。

この人に この会社なら いい家、満足な家が できると 思う所で建ててください。
きっと ずっと いい提案をし続けてもらえる、私たちの家を真剣に考えて助言してくれている、そう思える所で建ててください。
何度も建て直しは 出来ません。
価格が 価格なだけに。本当に いい家を造ってくれる所って どういうところかな?と
家族間で話し合ってみてください。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年12月21日 14:18  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

暖かい家・・温かい家・・

木のぬくもりって いいですよね。
自然素材って いいですよね。
木って、落ち着きますよね。
イイことは 沢山言えます。
でも、デメリット、もしくは 必要箇所の有無を詳しく説明されたことって ありますか?

造り手が 造りやすい家、メーカー主導で家は造らないでください。
きっと 後悔 失敗 納得できない所が 出てきてしまいます。

↓こんな笑顔が いっぱいな家族なら どんな家でも 明るく 温かい家庭が過ごせますよね、と思われると思います。

この笑顔は 家が暖かいから 木だから だけの理由では ありません。
大切にすべきもの、守るべきものを、自分たちの好み、生活スタイルを・・・
家族が こだわった結果、皆が木が好き! 緑が好き!という価値が 同じだったからこそ この温かな家があるのです。
でも 初めから 家族が一致していたかと言えば もちろん それぞれのこだわりもあります。
そこを いかに うまく 調和させ 皆の価値が合致する気持ちになるかまで 
とことん 話しあい わかちあい プロとしての意見も織り込ませながら 一つのモノを造りあげます。

家族背景、家族のこだわり、要望 いかに深く お話し合えるかの信頼関係で とことん尽くさせて頂きます
出来ない事が 出来るかもしれない・・・
悩む考える前に まず 侘蔵へ お越し下さいしあわせ



  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年11月13日 20:42  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

明るい!嬉しい!デザイン性で!

なかなか大胆な模様のクロス。
本当は 息子さんのお部屋に使いたいかなあと選んだのですが、ご家族で話し面積的にインパクトありすぎるかなあ?と。
ご本人も そうかなあ?と納得??されました。

ですが、ご家族は せっかく選んだのだから どこかに取り入れれる場所はありますか?とご相談が。
そこで 侘蔵からの ご提案で↓
あまり多くの面積を奪うのではなく、さりげなく光を取り入れる箇所で、クロスの圧迫がないように。
でも、俺が(息子様)、へーんへーん選んだぞ!という思いでも残りながら。。。

そして、そのクロスの上の窓にも 工夫をわーい

お客様が家相を見てもらった際
母屋と水回りの部分を切り離しなさいと。
もし出来ないようなら、南北に風と気を通しておきなさいと。

そして それでは このような感じは?となり こうなりました。
これは 是非 現地を見て頂きたいところです笑える


  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年11月11日 17:23  カテゴリ:自然素材って何がどうなの?カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

木は、磨けばよみがえります

既存の建物内装をそのまま利用。
木は、磨いて まるで新品かのように 。

↑写真の中の半分以上は、元の家のままを利用です。天井、柱、梁。
↓玄関収納、玄関土間一部は 新しく。
でも土間の一部も既存の物を利用することで 懐かしさも残り。。。大切にすべきものでもあり。。。

内部、外部ともに 切って利用しました。

玄関飾り棚も そのままです。引き戸だけ今回新しくしました。
この飾り棚に 何を飾ろうか、季節ごとにアレンジしようか、高さがあるものがいいかなあ?・・・試行錯誤しておられました。
それも楽しみに帰ってくるご家族、又 お客様をお出迎えすべくアレンジをと、いろいろ考えるのも楽しいですね。
そして、そこに僕?私?は、ずっと昔からいるよ~、いつも皆を見ているよ~と↓こっそり教えてくれました。
「ココ、ココ!」と。

木の柱は 温かく 見守ってくれています。
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年11月09日 20:56  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

リフォームもデザイン性をもって。

リフォームは、構造上 可能不可能が出てくる場合があります。
ダイニングキッチンに どこかで見たような格子戸笑顔汗
でも 簡単につけられたわけではありません。
構造上 どうしても外せれない柱がありました。
でも それで 新しい空間を邪魔されない工夫をしあわせ

一見、通常の引き戸に見えますが。
わかりますか?
真ん中に構造上取れなかった柱が。

この柱もうまく利用し、柱がないかのように 変身~ピース
柱は何処へにっこり

こういった にくい設計を造る事も 侘蔵は得意ですにこにこ
どうせなら 費用もなるべくかけず デザインも素敵になるようにリフォームしたいですよね。
お手伝いさせてくださいしあわせ

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(2)

2015年11月08日 17:38  カテゴリ:I様邸

言葉が選べず・・・。

そんな 家族の団らんが聞こえてくる家に住んでいらっしゃる 


その ご家族が こ・ち・らわーい



 この家族の笑顔から 伝わりますよね・・・・ 
  (ゆるスタの下手な言葉で語らなくても・・・。
    ご家族の思いが 有難すぎて 胸がいっぱいでがびーん  言葉を選べません・・・)
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年11月05日 20:10  カテゴリ:⑤失敗しない家づくりカテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

家も喜んでいます

(展示場では ありませんよ。お客様のお宅です。)
イメージ、予算、大きさ、いろいろなことに、迷い悩んで 決めたキッチン。
展示場と一緒でとか、あれと一緒で、とかではなく、使い勝手、ご自身が持っている食器類、数、食器数、フライパン、鍋一つから、形、色、を
自分色で決める事が大切なキッチン。
女性が長くいる時間でもあり、そこに立つ気分で 料理の味も変わります。
そんな場所を ご自身で考え、そしてご家族とも相談しあい 皆さんが納得され決めたキッチンから、格子戸越しに見える温かなリビング

そこには、社長提案も取り入れてくださった空間、間取り、採光、風をご家族もですが、家自体が喜んでいるかのように 見えます。

社長が 残しましょう!!と提案させて頂いた梁も 磨き上げられ 息を吹き返したかのように・・・これからのご家族の生活を支えますよ!と言わんばかりに さりげなく存在感をアピールキラン
「平屋リフォームだから 念願の吹き抜けはできないですねがーん」と発したお客様の一言を社長は 聞き逃しませんでした。
吹き抜けは無理でも 似た空間を味わってほしいと。
新築ならば なんとでもできますが、リフォームとなると 残すべき構造との兼ね合いから 出来る事と出来ない事が どうしても出てくるのは事実です。しかし、そこで最初から 「できません」というか「なんとかできるように」と造りあげるのが 侘蔵です。

吹き抜けまでは 出来ませんでしたが 吹き抜け風を実現し I様にも喜んで頂けました。

これだから木造は良いですね
ただ安く、見た目だけの自然素材を取り入れるだけではなく、構造本体からしっかりした 木造の工法で建てられているからこそできるリフォーム。だからこそ 何十年たっても 飽きが来ないよさをもっているのが、です。 
いくら木造で建ててても 何十年後かに飽きや 流行落ちでつまらない家になり 空き家にするくらいなら 建てない方がよいです。
そうならない為には 自然素材とは、家造りとは、何なのかを知ってから建てることをお勧めします。
知っていれば良かった・・・と後悔する人を少しでも減らしたい。そのお手伝いをしたい。侘蔵です。

そんな侘蔵を選んで頂いたI様には 感謝いたします。そして、必ずや 後悔は させたくない一心でご協力させて頂き、写真公開を承諾いただけたご厚意有り難い気持ちでいっぱいです。
そんなご家族の団らん、笑い声が聞こえてきそうな 温かなリビングですしあわせ







  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年10月31日 21:49  カテゴリ:施工事例カテゴリ:I様邸

ダイニングテープルに思いを・・・。

お客様が選んだダイニングテーブルにこにこ見せて頂きました。

建物だけでなく、完成してからの内装、家具、飾り物にも、
住まい手のこだわり
選びに選び抜いた 納得できるテーブルに出会うまで 家族の支えがあっての物語。
そんなお話もしていただける事もとても嬉しいです。
山あり谷あり夢ありの、家造りを本当に楽しんで頂いて良かったと。わーい
これから、このダイニングテーブルで 広がる続きの物語をまだまだ聞かせて頂きたいなと思いました。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)