ブーログ › 侘蔵BLOG | みよし市・豊田市で木の家づくり › 

②ハウジングコンシェルジュ

土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2016年12月07日 17:46  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

坪単価で決めますか?

家造りを考え、メーカー工務店を検討の際 「坪単価」を目安に 決めようとする方がいらっしゃいます。



1坪あたりいくらほどかかるかというのが坪単価のことですが、この坪単価は 全国統一でもなければ 
絶対的決まりがあるわけでは ありません。
坪単価という言葉を どこを基準に言っているのか 担当者にきちんと確認した方がよいですよ。

リフォームの相談で、侘蔵に来られたある方は、坪50万くらいと聞いていたからと その(他)メーカーで建てましたが、
実際にご自身の家が完成してから 計算したら結果 坪〇〇万だったと。びっくり

坪単価と 一言で言っても どこまで含んでいるのかですし、メーカーによって計算(含まれる内容)の仕方が違う事もあります。
含まれている費用によってかなり価格が変わってきます。 

なので 坪単価だけで メーカーを決めてしまわず 坪単価は 目安ととらえ 家造りに望んでください。

同じような家を建てても メーカーによって 価格は様々です。
しっかり 把握して 納得してから 進めてください。

坪単価とは?では どうやって 予算を決めればいいのか・・・。
今後の生活もあるし・・・、価格が大きい住宅だけに 慎重にならざるを得ません。


そんな 悩みを ハウジングコンシェルジュ、セカンドオピニオンとして ご協力させて頂いています。
(家だけでは不安で、 家族全体の今後の事もと言う方には プロによる ライフプランも行っています)

侘蔵で建てなければいけなくならない?木造で進められる?
そんな 思いは 吹き飛ばしてください!!お客様の思考 要望に寄り添って お話させて頂いていますので、
今まででも 木造でない方もいましたし、マンション検討の方もいました。

住むのは ご自身です。
住まい方を尊重し お話させて頂いています。
適切な価格で 良い家を。


 






  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年11月27日 22:18  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくりカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

自然素材との調和

自然素材と言えば、聞こえはいいが、果たしてどこまで把握しているのだろうか。
見た目が木ならばいいのだろうか、それとも体感する素材、性質が本物であって欲しいのか。


予算、面積から 本物を使いたいが届かない、でも自然素材にはしたい。だから、詳しい話も聞かずに、営業マンの言われるがままにした自然素材を使った家。実は、それは、自然素材風だった事を、なんちゃって自然素材だった事を、どれだけの方が理解して住んでいるのだろうか。


土地、家を購入する前に、知っておいてほしい。
知ってから、あえて選んだものならば、納得ができる。
いつまでも、あ~しとけば良かった、こ~しておけばよかったと、振り返っても、戻って来ない。

何度も疑問をぶつけて、納得するまで、話し合って下さい。
家は、自分の理想も大切ですが、形が見えない物を作り上げる為には、プロ、経験者の意見も少し耳を傾ける事をお勧めします。
アドバイスを聞いてから、取り入れる、入れないをご自身で決めればいいのです。
上手に自然素材を取り入れましょう。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年11月02日 17:31  カテゴリ:イベント情報カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくりカテゴリ:自然素材って何がどうなの?

足が冷たくなる季節が来ました。

寒くなってきました。
足先の冷え 気にしだした方が増えてきたのでは ないでしょうか?
もしくは そろそろ床暖房を使う?・・・
でもまだ使うのは もったいないかなあと電気代を考え 使うのを我慢してしまったり・・・?
何の為に 床暖房をやったのですか?
ランニングコストが考え 我慢して 厚い靴下、モコモコスリッパ履いて必死ならば
床暖房にしなくても 良かったのでは???

自然素材の床材にしておけば そのことで悩まなくても良かったのかもしれません。
しっかり 吟味し 説明を聞いておけば・・・。
後悔してからでは 遅いですよね。住宅ローン始まってますよね?
自然素材の床材でも ヒノキや松など いろいろな材木があります。
厚みによっても違います。床だけでなく 窓、サッシ、断熱・・・さまざまな事も家の暖かさには 関係してきます。
金額、見た目だけに 惑わされず しっかり説明を聞き 納得してから 取り入れてくださいね。

かといって 自然素材は 暖かいと勘違いしすぎてはいけません。冷たくないという表現がよいような気がします。
だからといって イメージがつかないなあ…という方は 
是非 侘蔵へ お越しくださいわーい
無垢のヒノキの床材 松の床材を ご自身の足で 体感しに来てくださいにこにこ
だけど わざわざは。。。なんとなく 行きにくい・・・と思っている方へ
11/6(日)に 遊べて 体感できて お腹も満たされ ミニチュアガーデンのお土産付イベントへ
詳細はこちらをクリック↑


 
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年09月20日 11:56  カテゴリ:①こんなことしてますカテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:これだけは 知っておいて~土地~

☆土地 セカンドオピニオン

☆生活目線の土地選び セカンドオピニオン☆


~~~~~~ご相談者の質問に対して、生活視点から 不動産に利害関係がない設計士がお答えします。=

☆こんな方にお勧めです
・土地購入にどこへ行けばよいか 不明な方
・住宅を新たに建てるために土地購入を検討している方
・土地を決断した方
・どのように購入したらよいか困っている方
・土地活用方法がわからない方
・土地を投資目的、活用の方
・1年以内に家を建てないといけなく、そのため土地で妥協しなければならなくなっている方
・土地の日当たりに悩みが・・でも家の設計は進んでしまっている方

とかく こんな土地の常識、先入観を持っている方が多いです・・・
南向きの土地が 一番でしょ
変形の土地は家が建たない、生活しづらい
高低差がある土地は 整地するため購入金額がたかくなる
金額に疑問を感じている
空き家がついた土地は 購入金額がたかくなるひらめいた
不動産屋さんが 言ったから。


ひらめいた本>サービス概要
★基本:サンプルルームへ来客型(ご自宅も可)
★時間 2時間
★料金 5,000円~10,000円(月4組まで


・土地購入検討をされている人 複数の不動産で悩んでいる人
  ~理想の生活から 簡単な設計図面などを引き、最適な土地をアドバイス
  ~また、必要に応じて 不動産の探し方、不動産屋の選び方をアドバイス
・すでに購入する不動産を決めている方
  ~理想の生活から、決めている土地をより生かせる方法をアドバイス
  ~利益を求めていないため住宅条件付の土地でも対応します

利害関係なく、純粋に わからないから 知らないから これってどうなの?という事を 一緒に お話しましょう。
何か一つでも 未知 疑問 不安 不満 失敗 後悔・・・納得できて 次へのステップへ進めれたら・・・。


お申込みは こちらからひらめいた
0561-42-7803

「blogの土地選びセカンドオピニオンの件で電話しています。」
もしくわ
「なんか、ブログの相談のやつで」

とお伝えください。

※お時間は気にせずお電話ください。もしも出られない場合は、折り返しさせていただきます。

新築(建替)セカンドオピニオンについては 
こちらをクリック上矢印

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年08月14日 19:29  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

いらっしゃいませ(*^_^*)

お盆のお忙しい中、ご家族4人が ハウジングコンシェルジュ 侘蔵
家のお話に来てくださいました。
んん??3足しかありませんね足跡はい!まだハイハイのお子さんが一人いらっしゃいますので、抱っこで参上です!
ミサトっこ草履のママとお子さんは、早速 ヒノキの無垢の床板へ やったー「裸足でGo急ぐ!!」まさに 侘蔵が是非 体感していただきたい 
素足で無垢板足あと

パパとママは 社長とじっくり家の話を。その間 お子さんはゆるスタとやったーなかなか 見せてもらえなかったのですが、ママとお子さん手作りの素敵な時計を最後の最後に見せてもらいました。わーい


素敵な時計を見せてくれたお子さん、ハイハイのお子さんの成長とともに パパママの家つくりへの思いをずっと見ていけたら侘蔵は幸せです。
ハイハイのお子さんが ミサトっこ草履を履いてくるときには どうなっているかなわーい


土地、家、子供の成長、どれをとっても 親は全てに愛情、情熱をささげています。その思いを大切に家つくりのお手伝い家
来てくれて ありがとうわーい
また 遊ぼうねうさぎ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年07月28日 22:44  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくり

夏のヒノキの床板を体験しに来てください


ヒノキの床板は 足さわりが とてもサラサラして気持ちが良いです。
よく、消臭、断熱効果があると言われ 紹介されると思いますが、
それ以外にも 目にも優しいという事を ご存知でしょうか?

光の反射を優しく抑えてくれる効果もあり 目への負担が軽減されます。
フローリングか 無垢板か・・・。
メリット、デメリットを知ったうえで 選んでください
そして そのコストが 単純に高い 安い だけの判断でなく。
健康に関する永年コストとして 今の金額だけで見てよいのか悪いのか・・・。
又、価値ある価格なのか、宣伝費の価格を上乗せなのか・・・。

納得してから 選びましょう。そのためには とことん 質問してみてください。
答えに納得できますか?一方通行の意見ではないですか?
「わからなかったから」で 何十年と住む家を決めないでください。
あなた自身が 自ら後悔をかって出なくてもよいのでは?

「どうすればいいの・・・?」
まずは、ハウジングコンシェルジュ 侘蔵へ不安を打ち明けましょうにこにこ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年07月21日 12:10  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくりカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

楽しく家造りには 妄想も必要?

お子さん達が 夏休みに入ったというお声をちらほら 聞きます。

お母さん達の 悩みどころの一つに お昼どうしよう~~がーん(汗)


お父さんたちの 悩みどころに 夜勤で 寝てるのに 賑やかだなあ~~ええと(汗)

子供の成長、時期によって ご自身にふりかかってくる さまざまな課題。
それを その時期は 今しかないと 楽しめるか・・・
こうなるなら こうしておけばよかったとなるか・・・
いろいろな 見解があると思います。でも 未知の世界でもあり 想像でしか ないものでもあるときがあります。

家造りは 計画している時も楽しいですが そのあと 何十年と住む家で生活を楽しむという事も 大切です。

その部分に関しては プロからの助言も必要です。
子供の成長で 焦点をあてて 建てられる方が多くいます。子供はずっと小さい子供のままではありません。
長い目で 考える事も大切だという事を 心の片隅において 計画してください。
そんな先の事まで考えなくても・・・今が良ければ・・・というご意見もあるかと思います。
ですが、あっという間に
 
「静かにしなさい~!!」「プールでも行ってきなさい~~!!」「静かに勉強しなさい~!!」という頃がきます。
これまた「おふくろ あっちいてて」「受験勉強やってるから」「彼女と出かけるから」
はたまた 「お父さん お母さん お世話になりました」と出て行ってしまう・・・・
なんなら「戻ってきちゃった~」(←できれば これまでは 検討しなくても・・・ええと(汗)

どこの時期に どう思って 家を希望しているのか。。。
なかなか 想像しにくいですが 少し考えを取り入れると いい家が出来上がると思いますよ。 
家造りに 息づまったら 妄想して 楽しんで楽になるのも 一つの解消法です。
(えっ、ゆるスタの様に現実逃避できないよ!という方。深呼吸してみてください)


  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年07月09日 21:16  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

収納をどう考えるべきか☆

A:「リビングは、何帖ほしいですか?」
B:「リビングに何を置きますか?どういう風に使いたいですか?」オーダー住宅では 要望によっては かなり幅広くニーズに答えられるプランが可能な場合が多いです。
が、企画型住宅は、不思議なニュアンスで要望をまとめようとしてくる場合があります。

「収納」
とかく家を建てるときに 収納重視する方も多くみられます。TV、雑誌などでも 収納ありき的なものも。
収納の意味を どう考えるか。さまざまな 見解があります。


物の為に 家を建てますか?片づける為に 収納ですか?とりあえず 収納ですか?
多ければ良い、少なければ良い、その判断を ご自分だけで決めて大丈夫ですか?
使い勝手、扉の方向により 収納を増やすのではなく 収納有効スペースを作る事も可能なんです。

それは 設計士の腕にかかっています。経験とプラン力に。
侘蔵は 自信があります。設計力に元気

セカンドオピニオンさせて頂いていても よく見受けられるのが 玄関スペースの間取りです。
お子さんの遊び道具、旦那さんのアウトドア道具etc・・・
「こちらからのドアにすれば こんなに広くつかえるのに」「もったいないですね」何度か 提案させて頂いています。
せっかくの 家です。もったいない間取りにならないよう お助けさせてくださいね。

~セカンドオピニオン~
お申込みは こちら四ツ葉のクローバー


  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年06月04日 14:33  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくりカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

長持ちさせるコツ

物事をいろんな角度から いろんな方の意見を聞くと 自分が思っていたこと以外の情報が入ってきます。

住宅を検討するとき、 構造で選ぶのか、営業担当者で選ぶのか。
自分が正しいと思っても 人の意見を聞くと聞かないでは 大きな違いが出てきます。



家を建てるとき、家族、親に相談し いろんな意見が出てきます。
ご夫婦の場合は 特に 元の価値感が違えば 家という大きな買い物、家にかける膨大な金額を使うとなると、それこそ 大きな課題にぶつかっていかなければいけません。
男女、親子、いろんな性質から見ても どれを取る事が正解で、どれが後悔するかも?と悩むと思います。

お互いを思うがゆえに 言える意見、思うがゆえに 言えない意見。
優しさが あだになる などもありえます。
言っても無駄だとあきらめたり、あげく 人の話さえ聞かない最悪なパターンも。


そんな時の為にも 是非 侘蔵に来てみて下さい。
「実は・・・。」「本当はこうしたい。」「今はいいけど 後々考えると・・・」「後先どうなるかわからないから、今を大事に」
来て下さるご家族から よくでるお言葉です。
侘蔵が 家族と一緒に考え お話させて頂きます。親御さんの・・・、息子さんの・・・、お子さんの・・・、。
ご家族内で、実は、言いたい事 言えない事 侘蔵社長のせいにして 腹を割って言ってみてください。

ご家族皆さんで 造りあげた家は 愛着もてますよ=大切に味わって生活できます=長持ちします
無駄なメンテナンス料を払って 長持ちさせるより 無料でご自身で延長保証できているんです。

ハウジングコンシェルジュ 侘蔵は ハウスメーカーや工務店とは違います。 
      「話してみましょ」





  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年05月26日 22:29  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:③後悔しない家づくり

手間暇かけて 何がいけませんか?

木造がいい、鉄骨がいい、鉄筋がいい、プレハブでいい 人は それぞれ 価値 こだわりがあります。
どの工法でも、ご自身が納得したのなら、間違いではないはずです。

が、不思議な事に、時代、流行り、年齢で 環境、周りの情報、周りの友達などで、その価値が 感覚が 変化することがあるという事を 心の片隅にあるとないとでは 出来上がりが とても変わり、違った・・・知らなかったから…と後悔します。


しきりにエコと言われているこの時代、性能だけを追求するのなら マンションでも建売住宅でも構わないように思います。
でも 自分の家を 建てたい 欲求、願望が あるのはなぜでしょう?
自分、家族の為 なるべくなら 快適に幸せに 過ごせる空間を求めるからではないでしょうか?(中には 周りが建てるから あおられての方も?)


その 欲求、こだわり、環境をわかってくれる 家造りパートナーを探さないと
、イメージ、感覚を言葉で説明することほど難しいことはありません。(ゆるスタは、かなりアバウト表現で ジェスチャーで終わる事もあります笑顔汗)←社長に 「わからん!」の一言で終わられますが・・・汗

そんな心情を理解してくれる家造りパートナーを探さないと、思うような 家造りには たどり着かないケースが多々あります。
表面だけみていても 良い造りてと巡り合えません。見積もり、図面だけ 見比べても わからないところもあります。

代表者が、家づくりに対する想いや価値観、経験、家づくりで何を一番大事にしているのか?
そこをわかってから 家造りのパートナーとして 一緒に進んでいくべきだと思います。


その思いが伝わり 多くのお客様から 「侘蔵さん」と言っていただけてます。
施主さんと 腹を割っていろいろ話し、楽しみながらつくり、ご家族の家造りに 家族の一員として意見している
ビジネスでは 家造りは 出来ませんし、商売人の関係では いい家は 造れません。


 何故 そこまで?大変じゃない?と言われます。
でも・・・。そこに住まいを構えて 何十年と住み続ける家ですから 、そこに手間暇かけて 一緒に造りあう事は 当然ではないでしょうか? 
ご自身が思ういい家を 身を守る構造から 考え、 性能重視だけでなく、価値の感性が伝わる業者と 造っていくことが 少なくとも後悔しない家造りに近付くのではないでしょうか?入口を間違うと 出口が 違ったところに出る場合が。
お気を付けを!  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)