ブーログ › 侘蔵BLOG | みよし市・豊田市で木の家づくり › 

②ハウジングコンシェルジュ

土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2017年10月22日 20:45  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

雨の日の駐車場 乗り降り

雨の日の外出は 何かと 足取りが重くなってしまうときがあるものです。

服、靴が濡れてしまう・・
小さい子を抱っこしながらの 傘さし・・・
買い物してきたもの下おろす時に、手がふさがっているから 雨に・・・
コインランドリーで乾かしてきたものの、車から家への持ち込みで雨に・・・
インナーガレージビルトインガレージが 雨の日に大活躍。
「車が好きで大事にしている人とかが作るやつでしょ?」 

わりと ↑こういう返答が返ってくる方が多いのですが。。。(汗)
そればかりではありませんにこにこ

・小さい赤ちゃんを抱っこして 家に入るときの奥様の味方(傘と赤ちゃんにてんてこ舞いな)
・旦那様、お子さんの駅までの毎朝の送迎を頑張っている奥様の味方
・お子さんの塾の送迎で何度も出入りをする奥様の味方
・旦那様のせっかくの休日が雨だが 作業をしなければならない時の味方
・デイサービスへの移動(車イス、ゆっくり歩く等)時の味方・・・もろもろ

ビルトインにすると 部屋数を減らさないといけないとか、利便性がそこまで?と言われる方もいます。
雨風をしのぐ 壁、ひさしですが、今一度 考えてみてください。
部屋数の減の為に ビルトインなんて・・・。と思っている方。
お子さん達が巣立ってしまったら 結局部屋があまっているなんて事ありませんか?
部屋の使い方、 ご自分たちの今後の生活スタイル、利便性、などなど 
上手にプランニングして 住みやすい家づくりを。


  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年09月30日 16:02  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

大切な家に。

ハウジングコンシェルジュとして お話させていただいて お客様に沢山の知識を持って帰って頂き、かつ それを絶対とせず
家造りについて 真剣に考えて頂く為に。。。

家に対する思いの熱い方こそが、侘蔵のお客様です。
自然素材をふんだんに使い 家族の笑顔の為に・・・。
自然素材の使い方 必要性を間違うと 本来の良さにかけてしまいます。
とことん お話させて頂きます。
くどかったら 「もういいですけど・・・(汗)」
と言って頂いて大丈夫です笑顔汗

聞いて良かった 知らなかったが増えて頂けると 皆さんにとっての「いい家」に。
人に自慢する為だけに作るわけでもなく、見栄をはるために作るわけでもなく、我慢しながら作るわけでもなく 
住む人が 住まいの価値をわかって 生活し続ける・・。
そんな 幸せが 心を豊かにしていくのではないでしょうか。。。

問い合わせ⇒ 家建てたい!でも 何をどうすれば??
                クリック上矢印  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年07月31日 18:14  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

どうする?


セカンドオピニオン、ハウジングコンシェルジュ、契約後の打合せのお客様の会話の中で
ゆるスタが 好きな言葉があります。
ご夫婦の会話の「どうする?」

大きな買い物の 決断を さすがに一人では決めれないぞ という気持ち
勝手に決めると怒られる
センスの価値感がちがうからなあ
お前のいい方がいいな
一緒に考えよう・・・

理由は 様々ですが笑顔汗その中でも
相手を気遣い、尊重し合い、家族で造りあげていきたいという 思いからくる
何気ない言葉
「どうする?」

かといって その後の答えによっては それぞれの価値感がちがうと 聞くんじゃなかったと思う事も(汗)
または、意見が同じとわかると、やっぱり そうだよねと より寄り添い合えることも。

自分を主張しすぎるでもなく、相手に任せるだけでなく 一緒に考えようという何気ない言葉。
お客様は 恐らく そこまで深く思ってはいないかもしれないのですが、
ゆるスタが 特に最近 気になるキーワードなのであるしあわせ

ただ・・・。もちろん その後の会話が 全て素敵とは 限りませんのであしからず笑顔汗



  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年07月22日 10:42  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

マイホームは 夢??

木の香り 光り、風の音・・・。
家の中に 自然と体感する毎日を暮らせたら・・・。


楽しんでいる人もいれば 悲しんでいる人もいる
苦労している人もいれば 楽している人もいる
そこに気づくか 気づかないか・・・ どちらが善人かは その時の状況であろう

綺麗ごとだけでは 生活は出来ません。家づくりの要望は あふれるほどの 要望がつまっている
それを いかに 現実に近付けるか 夢を叶えるのか

夢のマイホームと どこかが 言っていた気がする・・・。
夢は 幻か、現実か。。。
夢は 努力すれば 叶うともいうが 悲しいかな夢がかなわない時もある どちらが正しいかは・・・。

大手のような広告宣伝 人件費 などに 多額の費用を使うところは 家自体の金額も上がるため
夢の金額になるのかもしれません。
でも いい材料 適正価格で いいものを造れるのなら 夢ではなく 現実先行していくだけではないだろうか。


家を建て 夢を叶えたら・・・。終わりですか???
出発は どこからですか???
誰を 幸せにしたいですか?
誰の 笑顔をみたいですか?
何を 守りたいですか?
どんな 住まい方を したいですか?

Housing Concierge ㈱ 侘蔵
上矢印上矢印上矢印   


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年05月28日 17:24  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

どこで建ててもいい家に・・・。


侘蔵の認知度は 低い・・・(汗)
なぜなら、TVCMもやっていなければ、毎週新聞折り込みチラシにいれていない・・・。
ブランド志向の高い方には 目にもふれないであろう。
でも、侘蔵も ひそかに知っている方達だけでは ブランド化しつつある
「あの、侘蔵さん?!」
 (逆に こちらが なんで知っているの?とびっくりする)

ハウスメーカーではない、工務店ともいえない、設計事務所でもない、なんていっていいんだろう。
知れて良かった・・・出会えてなかったら・・・と お客様にも言われる様に。
無駄なお金をかけなくても、ブランド会社でなくても、住む人が 思う家をよりそって造っているからだと思う。
それは 会社だの 担当者だの 商品だの・・・では 無く。
侘蔵で建てなくても 長年住む家に 愛着を持っていただくために。日本の家に誇りを持っていて欲しい。
そこに住む人が 自信をもって(喜び悩み喧嘩も含む) 自分たちの家造りをしているからでは ないでしょうか。

ここは 譲れなかった、
ここは かなり迷った
ここは すんなり決まった
ここは 金額で あきらめた etc・・・。

構造も、気持ちも 重みのある家かどうかが すぐわかるしあわせ

いい家造りに 答えはないのかもしれません。
いろんな人が いろんな本を出し 講座を開き 説明している。。
あちらでは こう書いてある、あちらでは こう言った、
その部分の どこを信じるか・・・ご自身で気づいていますか?

会ってみましょう
しあわせ  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年05月15日 13:17  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

快適に過ごせていますか?


4月から 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、社会人 生活スタイルが変わり 1歩大人になった気分から1ヶ月過ぎ、
頑張り所のGWを経て 5月も半ばです。

お子さんの成長に合わせて 4月から 新しい家に住みだしている方もいるかと。
日常にバタバタで、新築気分を味わってますか?
棚を多くつけたものの 片づけの収集がつかなかったり、リビングを通らないといけないトイレに不便を感じていたり、
やけに2階の足音が気になったり、フローリングだけにしたものの 畳に寝転がりたいなあと思ってみたり・・・。
 


住んでからわかって後悔するのは、そうなるかもしれない、または営業担当が そこまで言わなかった、などなど 様々な要因があります。
選んで 納得してください。
ご自身の経験、友達の家が・・・だけでは はかりきれない 引出が ハウジングコンシェルジュ侘蔵には あります。。。
「その方法は 聞かなかった」
「そんな使いかたも出来るんですね」
「そんな仕組みがあるんですね」
「そんなに 知らなかった 聞いといてよかった」・・・・

家は 安い買い物ではありません。 
高ければ良い、安ければ良い、では 計り知れないものが あります。
近い将来に予定でなくても いいんです。家に興味があるだけでも。

ハウジングコンシェルジュ 侘蔵 って どんなところなんだろう・・・。
行って見ましょー!!  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年04月19日 22:56  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:⑤失敗しない家づくりカテゴリ:一宮支店

知ってほしい、悩み楽しみ。

窓が沢山あった方が、明るくてよいなぁ…。
→ん?強度は大丈夫ですか?構造計算、大丈夫ですか?

北側の部屋は、どうせ日が当たらないから、窓は、なくてもいいくらい…、あっても小さくていい…。
→ん?風の通り道考えてますか?家族の生活スタイル考えての事ですか?

家を考える時、なんとなく こう思っている、調べたらこの方がいいみたい、
どこからの情報か、絶対根拠がなくても、流されてしまう傾向を見るときがあります。

家に住むのは、ご自身です。担当者の言われるがままや、細かい所を知らずして建てる事は、
長持ちしない家になってしまいます。

聞いた結果、ご自身が選択、する、しないならば、それは納得しているからいいんです。
でも、聞かされず、後から知り、後悔する事になれば…。

セカンドオピニオン、
聞けてよかった…と言ってもらえる事が嬉しいです(^^)家造りを楽しもう、楽しいと思えるきっかけにもなると思います。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年03月08日 14:48  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

セカンドオピニオンにて

先日 新築セカンドオピニオンに 来られたN様とのお話で面白い話題になりました。

現在出ている図面(間取り)が 少し使いづらい様な気がして いい方法はないかなと 侘蔵を訪れてくださいました。
見ていくと 構造のお話もさながら 仕様と価格についても はっきり理解されていなかったようで 営業マンの言われるがまま、お任せな感じでした。
しかし ご家族背景をお聞きしていくと ざっと3世帯は 一緒に住む感じをご希望されていました。

その一つに トイレスペースの取り方に これは、勿体ないのでは??が隠れていました。
「引き戸OR開き戸」 
いろいろお話させて頂きました。

でも トイレの形もいろいろ変わってきていて 選ぶ商品によっても スペースの取り方に違いが出てきます。

トイレの為に・・・!トイレだから・・・!トイレは・・・小さくてもor大きくないと!いろいろか考えがあります。

そこで N様が楽しい会話に。
N様「子供が 最近 おばあちゃん家に行った時に流さなくて・・・がーん
お子さん「だって、家は 自動で流れるから慣れちゃって!学校でもたまにやっちゃうんだよね。」と元気な声で笑顔汗
ゆるスタ「学校は 流すのついてるトイレ?しゃがんでやるトイレ?」
お子さん「座ってやるのが一つと、しゃがみこんで(マネをしてくれました)(通称?ボットントイレ?)やるのが3つ。だけど みんな座ってやるのに並ぶよ」と。


現代事情が見えてくる会話でもありました。
1960年代にシャワートイレが出来、1990年代にオート機能が搭載されだし抗菌に力を入れ、2000年代にタンクレスや自動洗浄、キャビネット付トイレ…などなど。

流さない子供が悪いのか、流さなくてもいい機能を作ったのがいけないのか汗
介護関係者からは 自動で流れてくれて助かる、勝手に何回も流れて困る さまざま聞くことがあります。

そんな話をしていたら、おばあちゃまが一言
「私らの時は 流さんかったけどね~~。最新機能と一緒だよ。レバーなんてなかったよ」
と。
まさに ボットン便所の時代を生きてこられて おばあちゃまは 自慢げにお話してくださいました。

N様は 今時の子は トイレも流さないと思っていたけど その固定観念はやめるわ笑顔汗と笑っていらっしゃいました。


住まいも暮らし方も 今、昔と 比べて 機能も最新になってきています。
でも その比べるところが 自分にしか向いていなければ それは 昔とも今とも 言わないのかもしれません。
「今」だけに合わせると 「昔」の感覚がずれて 暮らしにくくなる可能性も。。

そんな知恵の お手伝いも させて頂いています。








  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年02月26日 19:03  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュ

後悔はしてないけど…。

ご結婚して、お子さんが2人、新居も構えてらっしゃるT様とのお話の中で、
家について、「後悔はしてないです!」と。
とても素敵な事だと思い、いい家づくりをされましたね、とこちらも嬉しくなっていた時。

「ただ、歳を重ねてきて 木がいいなあと思えてきている」
「木造で建てたが、家の中の見た目が木が少ないんですよ」
「なので、今、部屋に飾る小物などを木の素材のもので、楽しんでいます」と。

後悔はしていない、住んでいるうちに、歳を重ねるうちに、いろいろな思いがでてきます。それを楽しんでいるT様は、とても充実していらっしゃるんだなと感じました。
当初は、わからないまま、ハウジングセンターへ行き、結果一件目に入った所で契約をしましたと。
営業の方もいい方で、いい家を作っていただけましたと。それも、素敵なご縁だと思います。
ただ、侘蔵さんともう少し早く出会えていたら…もう少し考えて、家づくりができただろうになと思うし、
知らない事があるままには、ならなかったなあと、思います、と。
有難いお言葉です
最近、よく頂くお言葉に、もっと早く侘蔵さんを知っていたら…。建てる前にお話できていたら…。5年前に会えてたら…。
後悔、失敗は、とらえ方次第です。ご自身が納得していれば、後悔、失敗ではないのです。
そこを、とことん納得するまで、お考えいただき家づくりに励みましょう
それでも、息つまった時は、ゆるスタとお話しましょう(注意:方向がぶれる場合あり)  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2017年01月22日 22:53  カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:⑤失敗しない家づくり

家を泣かせないで(;_;)

今ばかりを考えても…
未来ばかり考えても…
そればかりでない…


子供の為に…
老後の為に…
その時は、期間はどれくらいだろう…

外観で時代がわかってしまう、いつまでも飽きのこない外観
部屋が足りない、部屋が余る
段差がおしゃれ、段差が不便

庭が広く家族で遊べる、庭が広く草刈りが大変
デザイン重視なキッチン、基本性能が素晴らしいキッチン

せめて想いを込めて、考えて挑まなければ
結果、空き家にしてしまうという 住む人も
家も泣いてしまう

安易とまでは言わないが、想いを込めて家造りをしないと、空き家にしてしまう結果がある

家は3回建てないと、満足しないという話がある
そんな事は、決してない
なぜなら…

そのお話は、侘蔵で  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)