ブーログ › 侘蔵BLOG | みよし市・豊田市で木の家づくり › 

具体的な家づくりの注意点

土地セカンドオピニオン
家造りのプロ”侘蔵”が、土地選びの疑問にお答えするサービスです。
家作りセカンドオピニオン
ご相談者の質問に対して、家造りのプロ”侘蔵”がお答えするサービスです。

2016年11月12日 19:06  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:⑤失敗しない家づくり

収納一つとっても。

収納は 簡単なようで 本当に難しいです。
 考え方次第で とても気持ちが楽になったり 永遠に課題になったり。

何故か 家には物が沢山汗という方がやや多いのかなと感じます。
自分の持っている数を把握しきれておらず 結果 又 同じような物を買ってしまう、あるのにその時必要になったから買ってしまった、
趣味物が多い、四季の飾り物が多い、本当に さまざまです。

でも 無理に減らすこともないかなとも思います。
ただ、 必要か必要でないかは 胸に手をおいて 気持ちと物を整理した方がいいかもしれませんね。
年末に近付き 大掃除の時期になると。。。毎年思うのよね・・・とご相談されます。

自分たちの目線になると 物はないけれど 子供目線になると それはそれは収納が欲しいと思うかもしれない。

はたまた 終活の為に 物を極力減らしてきて 収納場所もそれほどいらないと思うかもしれない。

今の生活 未来の生活 現時点に合わせるか 現在に少し不便を感じながらも 将来ばかりに焦点をあてるのか。誰の 何のための いつのための どのように。

最初から、 必要ですから 沢山収納を作りましょう!という営業さんには気を付けてください。
部屋一つ出来るスペースを、特に活用していない収納場所に永遠取られていては もったいないです。
いろんな意見に惑わされず、生活スタイルを考えてみましょう。

そして それに寄り添ってくれる相談者を見つけましょう。
一緒に 語りあいましょう

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年09月26日 17:29  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:施工事例

おじちゃん、おじちゃん


「おじちゃん、おじちゃん」と 社長の顔に動じず、
近寄ってきてくれる、Kちゃん。
初めてお会いした時は、まだオムツでしたね。

ご両親から、嬉しいお便りが。
「おじちゃん、出来るようになったよ、」


由緒ある和風作りのお宅のT様は、ザ、日本家屋な感じでとても素敵です。
ただ、良い点もあれば、気になる点もありました。
「トイレが、ザ昭和な感じで、砂土壁と、冷たい感じのタイルなんです…」
お子さんが、なかなかトイレで出来ないという点、ご両親も手伝うにも、スペースや、状況からなかなかスムーズ補助できず…。

砂壁もボロボロならず、すき間に入り込んでしまうほど

ご両親も大満足していただき、kちゃんもしっかり出来るようになり大満足
ご主人様から「お蔭様で、トイレは平成生まれで快適です」と。

そして、写真撮るよーの前のスタンバイ
女優さん顔負けですね
素敵な笑顔をありがとうございます
  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年09月20日 11:56  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:①こんなことしてますカテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:これだけは 知っておいて~土地~

☆土地 セカンドオピニオン

☆生活目線の土地選び セカンドオピニオン☆


~~~~~~ご相談者の質問に対して、生活視点から 不動産に利害関係がない設計士がお答えします。=

☆こんな方にお勧めです
・土地購入にどこへ行けばよいか 不明な方
・住宅を新たに建てるために土地購入を検討している方
・土地を決断した方
・どのように購入したらよいか困っている方
・土地活用方法がわからない方
・土地を投資目的、活用の方
・1年以内に家を建てないといけなく、そのため土地で妥協しなければならなくなっている方
・土地の日当たりに悩みが・・でも家の設計は進んでしまっている方

とかく こんな土地の常識、先入観を持っている方が多いです・・・
南向きの土地が 一番でしょ
変形の土地は家が建たない、生活しづらい
高低差がある土地は 整地するため購入金額がたかくなる
金額に疑問を感じている
空き家がついた土地は 購入金額がたかくなるひらめいた
不動産屋さんが 言ったから。


ひらめいた本>サービス概要
★基本:サンプルルームへ来客型(ご自宅も可)
★時間 2時間
★料金 5,000円~10,000円(月4組まで


・土地購入検討をされている人 複数の不動産で悩んでいる人
  ~理想の生活から 簡単な設計図面などを引き、最適な土地をアドバイス
  ~また、必要に応じて 不動産の探し方、不動産屋の選び方をアドバイス
・すでに購入する不動産を決めている方
  ~理想の生活から、決めている土地をより生かせる方法をアドバイス
  ~利益を求めていないため住宅条件付の土地でも対応します

利害関係なく、純粋に わからないから 知らないから これってどうなの?という事を 一緒に お話しましょう。
何か一つでも 未知 疑問 不安 不満 失敗 後悔・・・納得できて 次へのステップへ進めれたら・・・。


お申込みは こちらからひらめいた
0561-42-7803

「blogの土地選びセカンドオピニオンの件で電話しています。」
もしくわ
「なんか、ブログの相談のやつで」

とお伝えください。

※お時間は気にせずお電話ください。もしも出られない場合は、折り返しさせていただきます。

新築(建替)セカンドオピニオンについては 
こちらをクリック上矢印

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年08月01日 16:07  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:⑤失敗しない家づくり

自然のひかり、優しいひかり

土地、家を検討する際に 明るい南向きの土地 南向きの窓が気になると思います。
「南向き 日当たり抜群!」などど うたってある広告も良く目にするかと。
でも 高いお金を支払い 南向きの土地を手に入れても いざ 建物が出来ると思っていたより 
日が入らなかった
、などという声も聞きます。
何故??
南向きでも 面積に限りがある場合 屋根付き車庫を南前面に作ったことにより 思ったより日が入らなくなってしまった。。。

南向きの土地なら 絶対に日が入るのでしょうか?南向きだから 高い土地でも仕方がないと あきらめていませんか?

思っているより図面で見ている窓より 実際の出来上がりは・・・と感じる事があります。
やはり その部分は プロの意見も取り入れながら一緒に考えていくことが大切だと思います。
自然の光を取り入れる事で 生活の明るさ、空間の明るさだけでなく、光熱費の削減にもつながり笑顔が増えます。

せっかく 南向きの高い土地を検討していても もったいない図面になっていませんか?
北向きで安く広い土地だからこそ 光を取り入れられる図面になり得ませんか?

あきらめないで下さい。そして 土地を購入検討の前に 
上矢印ご相談に来てくださいひらめいた

ご自身がこだわった土地に こだわった家を、空間を。  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年01月21日 18:07  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:自然素材って何がどうなの?

床暖房では、ありません。

先日、侘蔵サンプルルームに来て頂いた方に・・・。
「床、あったかいですね。家のフローリング冷たくって」
「床暖房入ってますか?」と聞かれました。
「いえいえ、入っていませんよ(汗)。これが 無垢の檜の床板の足心地です」
無垢の木でも  床にはワックスをと思いこみを持ってしまっていて、 塗ってしまうと 無垢本来の暖かみは 減少します。

冬は 冷たくならず、夏はサラサラの足心地。
何のランニングコストもかからずに 得られる エコ贅沢です。
何を思って 自然素材にしようか、木の種類って、木のもつ本来の素材を生かすためには・・・。
なんとなくの情報や、聞いた時あるから、広告で見たからと 安心せずに 実際に触れて、知って納得してからでも
遅くはありません。常に触れている床板です。じっくり考えてください。


でも 水回りやトイレ付近など どうしても ワックスを塗りたい、新築までは 出来ないけど 少しのリフォーム的に
今の床をより綺麗にでき、かつ長持ちするコーティングをぬる事によって、今まで使っていて気になっていたけれど・・・というところが
新品同様に見違えるように 使いやすくなる事もあります。
フローリング、キッチン、洗面台、浴槽、ガラス、玄関タイルなどなど・・・。
綺麗になるだけでなく、水性油性など 種類も豊富に扱う
 クレーム0、信頼できる凄腕のマイスターコーティングからの 直接のノウハウを伝授し、提案させて頂く事も出来ます。
少しでも お悩みのある方は ご相談下さい。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年01月14日 14:26  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:施工事例

温かい空気は 上へ。温度差のない部屋。




この素敵な間取りは(社長ほめすぎ?)、お客様と、とことんとんとん笑顔汗 話を突き詰めた結果の間取りから この吹き抜けプランになっています。 

一時、驚くぐらい吹き抜けが流行りの時代がありました。部屋の使い方うんぬんより デザイン性重視の時代が。
そして その後 どこのどこだかわかりませんが、
温風が 無駄でもったいないとか、部屋が温まらないから  吹き抜けは無駄だとかいう情報が 出回っていた時があります。
でも 侘蔵は ぶれませんしあわせ

雑誌、TV,その時の売りの設計プランだったりで 吹き抜けを 流行らすのがいい時と悪い時と。しかも イメージで 伝わってしまい その情報だけが 走り 信じてしまうという傾向もありました。

吹き抜けを造ろうが 造らまいが、その時の構造、断熱、窓の数、気密性・・・etc・・・
しっかりと 話を聞いていたか、もしくは 説明してくれたかというところに そもそもの問題があります。

今は、高断熱、高気密が売りの所が多く、それを売りにしているので よほどひどい所はないと思いますが・・・。
ただ、それだけではなく そのうえどきどき素敵な間取りになったり、ランニングコストがかからない工夫がされた間取りなら なお良くないですか?
侘蔵の設計は デザイン性にもたけていますよハートウィンク


二世帯、三世帯で住む、子供の人数が多くて 吹き抜けまでは無理 部屋にしないと、いろいろ課題がある場合はあります。 
ただ、暖かいというのは 火の温度を高くするのではなく、いかに空気を暖めるという事だと気にしてください。
その暖めた空気を いかに 外へ逃がさないか。
木と塗り壁が、 湿度と空気清浄効果が その手助けをします。
その工夫、理屈、説明を理解した上で、間取りの要望を 伝えてみてください。


部屋から 部屋へ移るとき 寒い思いしたときありませんか?
年配の方がいる お住まいの方は 温度差が 命の危険にさらされることもあります。

普段の生活で 会社で頑張っているみなさん、時にストレスを感じる事があるかと思います。
その時に 血管は 収縮しています。
安らぐ家に帰ったのに、温度差で 又 血管を収縮させて 痛めつける事は しなくていいと思います。

でも、、、。最近 又 寒くなりましたね~。お体 お気を付け下さい。

  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2016年01月06日 22:46  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:③後悔しない家づくり

家の外壁

家の外壁は、いろんな種類があります。
デザインも豊富です。

家の形は一緒でも、色が違うと また違ったものにも見えます。
住まい手の価値、好み、周りとの調和など、で決めてよいものだと思います。
ただ、今の時代、選びきれないくらいの種類やデザイン、素材が出ています。
どれが良くて、どれが悪いの?

(↑築、約25年の外壁に雨だれ痕跡が)
永久的に大丈夫な物を選ぶべき?数十年後に清掃メンテナンスを含めて塗り直せばを考えるべき?
世代交代の時に、若夫婦が好きな色やデザインにやりかえれば良い?

今、流行りだから、メーカーの売りだからでなく、素材、メンテナンス、コストなど、トータル的に考えて選び、かつ『納得』した上で、選ばないと、数十年後に後悔しますよ。
何より家を守ってくれる、外壁なのですから。

ちょっとしたリフォームだから--と言われるままでなく、何でもご相談下さい。思っていた以上に、いいご提案する自信があります  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年11月18日 17:47  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点カテゴリ:②ハウジングコンシェルジュカテゴリ:⑤失敗しない家づくりカテゴリ:これだけは 知っておいて~設計~

これだけは知っておいて~設計編~①

家を建てようと ごそごそし始めた際に 
間取りを・・・設計を・・・などと よく耳にすることと思います。
造り側,売り手側は 設計といえば ここまでという範囲が おおむね理解できるのですが、いざ これからという方には
間取りを書いて、図面にしてくれるんだよね。広告で出ているみたいな部屋の図だよね。という感じでしょうか。(馬鹿にするな!)というお声も聞こえてきそうですが・・・

企業によっては、設計プログループがあり 営業が聞いてきた要望を 図面に書き込むだけの所もあります。
設計って それだけでしょうか・・・?

おおむね ご自身の家庭が どちらかといえば 日本的ノーマルな生活だと思っている方が多い傾向にあります。
自分たちの暮らしが ”ふつう”だと。


でも それぞれの家庭 全く違いますし、 どこか基準の普通なのかまでは 造り手にきちんと伝わっているでしょうか???

「大手自動車メーカーの工場勤務です。まあ この辺りだと 普通の生活です。」
全国各地にあるハウスメーカーは 転勤営業も数多くいます。その”ふつう”は きちんと伝わるでしょうか?
2交代、3交代ある、通勤渋滞がある、休みが 不規則になるときもある、長期休暇がわりと長い・短い。

まず 生活リズムが違う為、
あれば便利・・・無くても生活できるけど・・・シンプルイズベスト・・・
いろいろな 各家庭事情さまざまです。

又 際立つ趣味がある場合 それこそ 造り手に伝え、居住空間を設計してもらう。。。
話合える設計技術をもっている造り手に巡り合いたいですね。

 
実際にあったお話を聞きました。
妹さんが ご結婚されて「家を建てる」となったそうです。
お兄様が 心配して「設計とか大丈夫か?」と聞いたそうです。
妹さんが 「設計?設計って、家の事でしょ」
お兄様「・・・・・」

ざっくりとしか わかっていらっしゃらない方も実際いるのです。なんとなく、やってくれるから いいと。
そこに ご家族の生活リズム、スタイル、使いやすさ、住みやすさ、要望は 反映されないのです。ご自身が”ふつう”でしょ?
と思っているからです。
せっかく建てる家です。暮らしやすさを 取り入れてください。
設計といっても 奥が深いですしあわせ

これだけは知っておいて~設計編②~



  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年09月24日 17:29  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点

長い目で考える事も大切です

雨ですね。
太陽太陽さんが でないと室内の明るさが暗くなり、電気をつける部屋が多くなる雨の日傘
傘そして 電気代も知らず知らず加算お金
これが ”長い目で見たとき”を考える大切な 重要ポイントの一つです。
マイホームを夢見て、一生懸命考え、契約。その時のコストで あきらめたこと、妥協して安い方で選んでしまった事、手入れするから大丈夫と張り切っていた気持ち、etc・・・

設計する際、採光を考えられた間取りの提案を 営業(設計)さんはしてくれていたのか・・・。
結局 雨になれば、夜になれば 電気をつけるから 窓はいらない(安くなる)ことに 執着してしまい 大切な光風を永遠に感じられない家にならない様 気を付けてください。
電気はつけなければ いけないとしても その1カ所の明かりがさしてくれる事で 他部屋の用事が助かる事があります。


ちょっとの用事の為に 通る廊下の電気スイッチを押し、
ちょっと用事の部屋を又 改めて 電気スイッチを押す、この2か所の電気代
(そんな小さい事!という方もいます。反面 その積み重ねがね という方もいます)
そんな 些細なことかもしれませんが、窓 間取り一つで対策ができることがあります。

そういった細かく 長い目で見たコストも考えての設計図を 侘蔵は提供できます。
いい品質で 高いお金をだせば 可能かもしれません。
でも 侘蔵は いい品質で 適正価格の家造りの上に この提案は無料で行われています。


是非、お問い合わせ下さい:お花
下矢印下矢印どきどき

考え、迷うより、まず お話ください。方向性の光キランが見えてくると思います



  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)

2015年06月26日 22:01  カテゴリ:具体的な家づくりの注意点

匠の技

出来上がれば 素敵~!という感想になるかと思います。

でも それで終わる侘蔵の建物では ありません。

この階段は あのベテラン大工さんを 悩ませた設計図
光~風~空間~デザイン~住み人の思い いろんなものを考え造られています。

今では、 階段が作れない大工さんもいるとかいないとか・・・
決まった寸法、決まった角度、計算された階段ならば 1日半あればよほどできますが、
自由設計からの、造りあげるという 大工作業の凄さ。階段数、厚み、幅・・・・腕だけでなく 脳をフル回転させて 計算し 木を合わせる。
頭を悩ませ、腕をふるう大工さんの仕事。その工程作業を現場で見れるお客様は 階段にも これまた 愛着が・・・。


今では 階段が作られており、それをはめこむだけのものも あります。大工の手間は 省けますし、腕の善し悪しは関係ありませんものね。
実際に 階段の幅での微調整、腕によって、階段幅が合わない事もあるんです。
何気に 上りしている階段ですが、よ~~~~く見たり 気にして上ったり下ったりすると あれっ?と思うお家の方、大丈夫ですか?
大工作業の中の木につける 鉛筆の線 その太さで 数ミリの誤差が 大きな誤差につながる事もあるんですよ。
腕があるか、計算できるか、経験の感があるか。匠の技の見せ所の一つでもある 階段です。

はめ込み階段でいい!
それで 良しとする人は その価値でいいんです。 

それでは 嫌だという方は 侘蔵へお越しください。





  


Posted by Housing Concierge 侘蔵~わびくら~ │コメント(0)